利益主義女性育毛最新の記事

エムジになった時に出来る事

エムジになった時に出来る事について、検討をしてみました。
数年ほど前から旦那の額が広くなり始めました。
結婚して3年、旦那が29歳の時でした。
まだギリで30歳前なので、薄くなるには少しだけ早いかなと思いました。
70歳を目前にした義父は、それは見事な白髪頭です。
髪の毛の量が多いのだと思いますが、格好が良いくらいの白髪です。
そんな義父を見ていたので、その手の心配は無用だと思っていました。
実は私の父が遺伝的に見事なハゲで、しかも後頭部からのハゲなので、同じ薄くなるにしても、額の両サイドからいってくれているのが私的には救いでした。
いわゆるM字ハゲというやつですが、私自身がエムジをそんなに嫌いではなかったからです。
後頭部やてっぺん付近から薄くなるよりは、場合によっては格好良くハゲれると思うのです。
当時、旦那は自然な感じで前髪を下ろしていたのですが、その前髪の隙間から薄くなっていく額が透けて見えるようになってきたのです。
取り合えず、育毛剤をつかい始めたのですが、即効性はあまり感じられませんでした。
育毛剤でマッサージを行い、シャンプー剤も変えました。
生活習慣を見直し、食事にも気をつける様にしてきましたが、あまり効果を感じないまま、1年が過ぎた頃にはまるで剃り込みを入れたような状態になっていました。
見事なエムジハゲです。
今にして思うと、やはり仕事が原因のストレスがあったのではないかと思います。
というのもちょうどその頃に、あまり希望していなかった部署への異動があったのです。
あまり愚痴るタイプではないので、はっきりとは分かりませんが異動当時、疲れているように感じていました。
年齢的にも管理職と下に挟まれる微妙な位置だと思いますし、あまりお酒の場を好まない性格もあって上手くストレスを発散できないでいたのかもしれません。
自分でもかなり気になってきたようだったので、思い切って髪型変えてみたら?とすすめてみました。
未練がましい前髪を切って、全体的に短くするか、いっそ坊主もアリじゃないか、という話になりました。
身内贔屓かもしれませんが、旦那は頭の形が整っていたので、お世辞でなく坊主も似合うんじゃないのかなと思っていたのです。
いきなり坊主も抵抗があったようなので、まずは以前から比べるとかなりの短髪にしました。
自分でも以外に悪くないと思ったようでした。
学生時代から運動部など体育会系に属した事が無かった旦那は、それまでの人生で一番短い髪型だったそうなのです。
今でも、育毛剤、育毛シャンプーを使用しているせいかどうかは分かりませんが、それからはあまり進行していないようです。
最近になって髪の毛が薄くなりだした頃に、私がM字ハゲなら格好良いから大丈夫よ、と言ったのがとても救いだったと言われました。
日に日に薄くなる額に不安を感じていたそうなのですが、私が動じずに構えていた事が逆に良かったようです。
私自身、父という身近な身内のハゲを見て育ってきていたので、自分で思った以上にM字のハゲに対して免疫力があったのかもしれません。
その後、短髪にして以降も徐々に短くていき、今では長めの坊主頭です。
しかも、私がバリカンでカットしているので、節約にもなっています。

M字発毛 睡眠との関係

利益主義女性育毛について


フラッシュモブの評判北名古屋のコインランドリー